BUSINESS INTRODUCTION
事業紹介

港湾運送事業

時代に先駆けた港湾荷役の
運営管理用システムが物流を変える
港湾運送事業のパイオニア

時代に先駆けた港湾荷役の運営管理用システムが物流を変える
港湾運送事業のパイオニア

東京と横浜の2大ターミナルを運営基盤とした港湾運送事業本部では、安心・安全はもちろんのこと、時間の短縮や煩雑な手続きの解消といった価値あるサービスの提供を目指すとともに、お客様のご要望に高品質で応える体制を整えています。多種多様な貨物に対応する荷役機械や輸出入貨物一環サポートなどのサービスに加え、自社開発によるコンテナ管理のWebシステムを導入するなど、業界のパイオニアとして港の発展に貢献してまいります。

国際物流事業

人のいるところに、必ず物流は生まれる
物流業界をリードし続ける存在であるために

人のいるところに、必ず物流は生まれる
物流業界をリードし続ける存在であるために

物流業界は、時代と共に形態は変化しながらも、人が物を運び、物を保管するという根本的なところは変わりなく続いています。鈴江コーポレーションは、その“人”と“物”をつなぐ役目を創業当時から担ってきました。様々なニーズに応えた施設を拡充し、グローバルな一貫輸送体制などを確立する中で、お客様への安心・安全なサービスの提供を第一とし、環境に配慮した活動を業界に先駆けて取り組んでまいります。

不動産事業

物流倉庫会社だからできる不動産サービスを、
「建物の有効活用」から「土地の有効活用」へ
あらたな構想に向かって未来へ歩みだす

物流倉庫会社だからできる不動産サービスを、「建物の有効活用」から「土地の有効活用」へ
あらたな構想に向かって未来へ歩みだす

鈴江コーポレーションが古くから営業倉庫を持つ竹芝地区は、時代の変化と共にウォーターフロントブームが起こり、エリアの用途が様変わりしてきました。弊社はその時流に合わせ「建物の有効活用」から「土地の有効活用」へと方向転換を行い、2つの倉庫をオフィスビルへと建て替え、“物”だけではなく“人”の流れを生み出してきました。現在、第三のオフィスビルの建築に向けた部署を発足し、新たな竹芝地区の開発を手がける一方で、倉庫物件を中心とした仲介やサブリース業、建設業の免許を活かした建築事業なども行っています。