NEWS
ニュース

2020年04月01日

ミャンマー合弁会社CFS増設・拡張工事完了について

 当社(鈴江コーポレーション株式会社 本社:横浜市中区 代表取締役 鈴江孝裕)は、ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市ダゴンセイッカン地区で運営中のコンテナ・フレイト・ステーション(CFS)について、増設工事が完了したことをご案内申し上げます。
 2020年4月より運用を開始いたします。
 この度増設したCFSはヤンゴン港に繋がるバゴー川の沿岸に位置しており、日系企業が多く集まるティラワ工業団地から15~20キロメートル圏内と、物流拠点として注目されるエリアであります。
 ASEAN地区のインド洋の玄関口として産業集積が期待されるミャンマーにおいて、CFSの地理的優位性を活かし様々な顧客のニーズに対応すべく高品質なサービスを提供してまいります。

 

【CFS概要】

事業主体 KMA-Suzue Logistics Myanmar Ltd.
(当社と現地コンテナ船社KMA Shipping社(本社:ヤンゴン市)との合弁会社)
所在地 ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市ダゴンセイッカン地区
  (Block No.75, Plot No.228/8, 93rd ward, SeikkantharStreet, Dagon Seikkan, Township, Yangon,Myanmar)
建物規模 鉄骨造 平屋建 2棟
敷地面積 22,258平方メートル
延床面積 6,720平方メートル
主要用途 CFS、コンテナヤ-ド及び野積場

 

【CFS全景】

【増設したCFS】