SERVICE
国内物流サービス – その他サービス

環境対応サービス - 機密文書出張シュレッディングサービス

オフィスから出る機密文書の処理を機密保持の観点から、エコシュレッダー車にてお客様の目の前で破砕・細断して運搬・処理・リサイクルまで一貫して行うサービスです。機密文書を文書のまま処理場に移動させるのではなく、お客様のもとに大型シュレッダー一体型車両が出向き、目の前で文書を細断処理しますので、機密保持に最適です。

 

出張細断のメリット

1.機密漏洩防止・機密保持

シュレッディング処理後は細断文書が外部に出ることなく、車両の前方に圧縮積載される仕組みになっているため、移動途中での紛失・機密漏洩の心配がありません。リサイクル時の溶解処理では、人手を用いない処理技術で機密保持をお約束します。

2.事務効率アップ

エコシュレッダー車は、時間あたり500~700KGの文書細断能力があり、溶解処理場は、紙の分類、ホッチキス等の金属除去を行わないで再生処理することが可能です。本サービスをご利用いただくことで、文書の処理に際して必要とされていた紙の分類、金属除去、立会等の作業を効率化することができ、お客様本来の業務に専念していただけます。

3.オフィススペースの最適化

保存期限の切れた機密文書は、機密保持の面だけではなく、オフィススペースの有効活用の面からも早急に処分することが必要です。エコシュレッダー車は、破砕処理・運搬を同時に行いますので、定期的にご利用いただくことでオフィススペースの最適化を図る事が可能です。

4.環境への配慮

紙会社にて溶解リサイクル処理を行い、溶解証明書を発行しますので、自治体で施行のグリーン購入の対象となります。また、ISO14001番台の取得を目指している企業である場合、環境に配慮する企業姿勢を表す有効な処理方法となります。

環境対応サービス - 準機密文書BOX回収サービス

準機密書類や普通書類を、ダンボール箱、または袋に詰めていただき、封印したまま運搬して溶解リサイクル処理を行うサービスです。機密度別の回収方法にて、2つのサービスを展開しています。

 

Ⅰ.製紙工場直送サービス

荷台扉の施錠が可能なトラックにて機密文書を回収し、溶解リサイクル処理を行う製紙工場に直送するサービスです。運搬中はトラック扉を施錠し、製紙工場ではトラックの荷台から溶解炉へ続くコンベアに荷降しすることにより、安全性の高い機密文書処理が可能です。溶解炉では異物が自動除去されますので、紙の種類やバインダー等金具類を分別せずに、保存していた状態のままで排出していただけます。

Ⅱ.中間処理場中継サービス

荷台扉の施錠が可能なトラックにて機密文書を回収し、中間処理場にて破砕・圧縮処理を行なった後で製紙工場に持ち込み溶解リサイクル処理するサービスです。運搬中はトラック扉を施錠し、中間処理場ではトラックの荷台から破砕機へ続くコンベアに荷降しすることにより、安全性の高い機密文書処理が可能です。破砕機・溶解炉を通じて異物が除去されますので、紙の種類やバインダー等金具類を分別せずに、保存していた状態のままで排出していただけます。本サービスは、処理コストを抑えたい場合にご提案しています。

環境対応サービス - 廃棄物収集運搬処理サービス

業務上排出される産業廃棄物を、お客様の指定場所から収集し、中間処理施設まで運搬して処理するサービスです。

 

産業廃棄物は原則として排出した事業者が自らの責任で処理しなければなりませんが、処理が出来ない場合には、専門業者に処理を委託することも可能です。産業廃棄物の運搬に関しては、産業廃棄物収集運搬業の許可を受けた事業者、産業廃棄物の処分に関しては、産業廃棄物所分業の許可を受けた事業者に委託することが必要となります。

SUZUEでは1都4県から産業廃棄物ほぼ全種類に関する収集運搬許可を受けています。収集運搬した産業廃棄物を持ち込む中間処理施設では、リサイクル可能品の選別作業や、産業廃棄物の減量作業を請負い、再生・再利用と最終処分するものの分別を行っています。プラスチック・木屑・紙に関しては、その質によりリサイクルが可能となりますので、SUZUEに産業廃棄物の収集運搬をお任せいただくことで、環境対策につながります。

ハラール商品保管・輸送

ハラールとは、アラビア語の「حلال‎」= Halal =より由来された言葉で、イスラム教徒(ムスリム)にとって、食品、化粧品、医薬品等をはじめとする様々な商品や金融等のサービスにも適用される、安全な生活を示すための無くてはならない大変重要な基準です。

 

ハラール商品保管

保管エリアを指定しノンハラール製品と隔離。ラインテープによるエリアの明確化と文字によるエリア表示にて管理します。ハラールエリアを設定した倉庫区画には、ノンハラール商品は保管しません。

保管スペースに入るまでのルート

保管スペースに到着するまでの倉庫スペース、エレベーターについても、監査・認証を受けています。

機器・機材

ハラール製品専用パレット、ハラール製品用フォークリフトをご用意しています。緑色のラインテープ、ステッカーにてハラール製品用機器、機材であることを明確化。フォークリフトは、ハラールに準じる製品のみを運搬します。

 

ハラール商品輸送

ハラール製品の国内配送については、ハラール認証を受けた専用台車「ハラールカーゴテナー」を準備しています。トラックチャーター量に満たない製品も、かご台車と外面カバーにより他製品と隔離、日本国内のハラール製品に適した輸送環境をご用意します。お客様の利便性に併せた配送方法を構築して、お客様ごとにサービスをご提供します。

コーシャ商品保管・輸送

「コーシャ」とは、ユダヤ教戒律に基づく「食べて良い食物」のことです。

コーシャ食品は、製品の原材料から製造過程まで厳格な基準に則りチェックされるため、製品構成材料のトレーサビリティ確保が出来ていることから、健康志向の強い消費者に好まれています。

また、摂取してはならないもの、混食してはならないものが規定され、その区別を厳格化しているため、菜食主義者や食品アレルギーをもつ消費者からも信頼を得ており、今やコーシャ市場は、宗教的規定の枠を超えた健康食市場へと拡大しつつあります。

 

コーシャ商品保管

SUZUEは、ロンドンに本部を置くヨーロッパ最大最古のコーシャ認証機関「KLBD」(Kashrut Division of London Beth Din)より倉庫保管業務に係るコーシャ認証を取得いたしました。当認証は、イスラエル等認証を認める制度の有る国で広く通用し、世界の主要認証団体も相互に認める認証です。

お台場流通センター内常温倉庫の一部にコーシャ専用の保管スペースを確保して、ノンコーシャ製品と隔離しています。ラインテープによるエリアの明確化により管理しており、主に酒類を対象としたコーシャ製品の保管サービスをご提供しています。

安全・安心のイメージから海外で注目度の高いコーシャ製品は2020年の東京オリンピック・パラリンピックにより多数来日する外国人にとって重要なものだと考えられ日本でもコーシャ認証を取得する製造業が増え、コーシャ製品の流通が増加することが見込まれています。

コーシャの知識をしっかりと持ち、またコーシャ認証の基準を守ることで、「安全、清浄、適切、健康」というコーシャのイメージ通りの、より高い品質の保管サービスをご提供しています。

オーガニック商品取扱い

 

オーガニック商品の取扱いについて

最近では「オーガニック」商品が徐々に増えてきています。オーガニックとは日本語では「有機」のことを指します。
科学的につくられた農薬や肥料を使わないで土の力を生かし、堆肥や生物などを利用して健康で安全な農作物を栽培する農業の方法を「オーガニック農法」と呼びます。そこから「オーガニック」という言葉が使われるようになったそうです。
オーガニック商品を取り扱うには、国から認められた認定機関から認定を受けなければなりません。オーガニックの認定検査では、農産物の栽培方法はもちろん、製造工程・流通方法・商品の保管・管理など細かい審査内容が設定されていて、認定検査官の事前審査とオーガニックに関する講習を終了しなければ認定されません。オーガニックの基準は厳しく設定されているのです。

SUZUEでは、それらの厳しい基準をクリアした安心できる施設で保管・流通加工、そして配送までのトータルサービスで、お客様のニーズにお応えできる体制を整えています。

取扱事例紹介① ― 太陽光発電システム機材の輸入手続きと納品作業

 

産業用太陽光発電システム(メガソーラー)の海外からの機材輸入手続きと設置現場納品

産業用太陽光発電の設計施工及び機材調達を行う事業者からの、基礎・架台・モジュール設置・電気配線といった機材の輸入手続きと設置現場への納品作業案件。

機材輸入に関する打合せ、設置現場搬入に関しての事前調査等、当社のサービス品質、ホスピタリティに共感を頂き、取扱いが実現しました。

 

念入りな現地調査、走行テスト、手続き打合せ

メガソーラー建設地へ向かう輸送道路は、道幅が狭隘であったり、遮蔽物など通行を妨げるものが設置されていることがあることを、当社は経験上存知しています。
機材搬入を前に、調整が出来るだけの余裕を持った日程にて、現場視察を作業関係者と共に行っています。必要に応じ、実際にコンテナシャーシを準備し、港から納品現場まで走行テストを行い、輸送の問題となりそうな箇所をピックアップ、改善の可否や先導車・誘導員の有無等を確認致します。
この調査により、お客様には必要となる手続き、コスト、日程を事前に把握頂き、準備を進めて行くことで、機材調達後の時間的・費用的ロスを最小限に留めて頂けるようになり、好評を頂いております。

 

工事進捗や必要に応じての一時保管倉庫の提供

工事時期や在庫の調整の為に、機材の一時保管が必要となった場合には、設置現場の近く等、御希望の場所での倉庫保管も提供が可能です。候補の倉庫をご提示し、環境・条件を御確認頂きながら、保管可否をご判断頂けます。

 

納品現場に適した車両の準備

スムーズな配送・荷下しが可能となるよう、事前に納品現場における荷下し機器を確認し、適した納品車両を準備致します。
平ボディ車、ユニック車の手配もお任せ下さい。

 

太陽光発電システム施工作業の把握

鈴江コーポレーションでは、営業所への太陽光発電システム設置も進めております。
自ら設置に携わることで、システム施工作業手順を学び、サービスの向上に繋げるべく努めております。

【太陽光発電システム設置営業所】
姉ヶ崎物流センター  : 千葉県市原市千種海岸16
新杉田埠頭倉庫営業所 : 横浜市金沢区鳥浜町11





当サービスに関するお問い合わせは、国際物流事業本部 営業部へお願い致します。

取扱事例紹介② ― バラ肥料の荷役・保管とリパック作業

 

バラ積み貨物船(バルクキャリア)本船荷役から通関、流通加工、納品までの一貫サービス

鹿島地区営業所では、鹿島港における本船荷役作業も可能です。
貨物船内で荷役を行う港湾作業、海外から輸入された商品の通関手続き、国内輸送を行う運送取扱業務を一貫して行っています。

陸上運送業務を主業務とするグループ会社「鈴江茨城㈱」も隣接しており、同社保有のハードにより、お客様のニーズにお応えする輸送を可能としております。

 

バラ保管倉庫における保管も可能

荷揚げした商品は、バラ倉庫内にて保管が可能です。
お客様商品の形態にあわせられるよう、倉庫の準備も行っております。

 

小袋詰めリパック作業に対応します

バラ倉庫内に、リパック機を設置しております。
バラ肥料は、ホッパーに投入することにより、各種小袋に袋詰め、パレタイズ作業を自動的に行って参ります。
お客様の様々な出荷形態に合わせた作業が可能となっております。










当サービスに関するお問い合わせは、国際物流事業本部 営業部へお願い致します。

取扱事例紹介③ ― ワインの輸入手続き、検品・ラベル貼付作業、定温保管作業

 

輸入ワインの通関手続きから、温度管理保管、国内流通の為の加工作業までを一貫で手配

日本国内におけるワイン消費量の増加と共に、世界各国から輸入されるワインの数量も増えています。輸入に際しては、食品衛生法や酒税法等、国内関連法に基づく事前の確認や申請も必要となります。当社では、輸入に関する各種アドバイスから通関手続き、温度管理された倉庫での保管、国内流通の為に必要な検品やラベル貼付といった流通加工まで、豊富な経験をもって手配しております。

 

輸入に際する事前確認、各種アドバイスと手続き

ワイン輸入に際しては、事前に使用基準のある添加物や使用禁止の添加物が入っていないか確認する必要が有ります。また、公的検査機関発行の成分分析書が必要になる場合も有り、事前の準備がスムーズな輸入手続きに不可欠であることを、当社は経験上熟知しています。
お客様との輸入打合せの中で、このような準備についても必要に応じてアドバイスをさせて頂き、ときには、直接の輸入手続きとは関係のない国内法、例えば国税庁への酒類容器に対する表示に関する届出手続等についてもご相談に応じております。
東京・横浜において輸入食品衛生協議会の会員となっており、関係各所との連携を密にし、勉強会等に参加することで、最新の情報をお客様に提供しております。

 

流通加工作業 ー仕分け・検品・ラベル貼付ー

輸入ワインを国内市場へ流通させる前に、検品やラベルの貼付といった作業を御希望されるお客様には、倉庫内での流通加工サービスを御案内しております。
検品作業では、投光器を使用しボトル内の異物、オリの検品を行う電照検品も行っており、高い精度での検品対応も可能です。経験豊富なスタッフが、商品ひとつひとつを丁寧に取扱いながら、お客様の御依頼、ご期待に沿えるように作業のアレンジを行っております。

 

適した温度帯での保管

温度管理の必要なワインは、庫内を一定の温度に保った定温倉庫にて保管を行います。品質管理を最重要課題とする当センターでは、経験とノウハウを活かし、お客様の商品を適した環境にてお預かり致します。










当サービスに関するお問い合わせは、国際物流事業本部 営業部へお願い致します。

取扱事例紹介④ ― 計測装置のAIR輸入手配と国内工場における据付設置作業

 

海外製造メーカー工場からの製品引取より、日本への航空機輸送、国内納品を手配

自動車製造ラインに組み込まれる計測装置の、海外製造メーカー工場からの引取作業より請負いました。
精密機械となる為、製品に直接施される内装梱包については、海外製造メーカーにて担当、現地輸出通関作業、航空機積込作業等を製造メーカーと連携して行い、日本への輸送、輸入通関作業を一貫して手配致しました。
当社は、海外進出拠点他、全世界の提携先企業との連携により、海外からの仕入れ輸送を一貫して請負うことが可能です。
当社が輸送をコントロールすることで、お客様は輸送状況を逐次トレース出来るようになり、日本到着後の納品スケジュールを事前に検討することが可能となります。

 

プラスアルファサービス=付帯作業の提供

計測装置は自動車製造メーカー工場への納品でしたが、精密機械である為、日本到着後、動作確認や各種点検が必要とされました。
そこで、当社東京地区営業所である大井臨海倉庫営業所に一時搬入を行い、装置を組み立てての各種試験・点検等、納品前に必要とされる稼動確認作業を行う場所を提供させて頂きました。
作業スペース提供のほかにも、国際輸送用梱包の解体作業、納品日時迄の国内一時保管、国内輸送用梱包等、お客様の商権上必要となる一つ一つの作業に関して、当社施設や事業展開を基盤とした様々な提案を可能としております。

 

物流面での営業支援=物流パートナーとして

本案件は、計測装置の海外製造メーカー工場からの引取作業からAIR輸入手配を経て自動車メーカー国内工場における据付設置作業(アンカー打ち)までを当社にて一貫手配致しました。

お客様が納品先より商品の据付まで請負う場合には、お客様と入念な打合せを行うことは勿論、ご要望があれば、納品先との打合せに際しても当社担当者、及び実作業責任者が同行し、物流面でのお客様の営業を支援致します。
お客様には、商品販売のみに留まらず、商品の工場搬入手配、工場内据付機材の準備、作業人員手配迄全て、納品先へご提案頂けます。
お客様が提供するサービスの一部を担当・実現可能とする物流パートナーとして、お客様の営業活動をフルサポート致します。
当社は物流業者として、生産者と消費者の「空間的」「時間的」なギャップを埋めるサービスを提供しておりますが、お客様とのコラボレーションによってサプライチェーン全体を見渡す「新サービス」を作り出し、お客様の事業に新たな強みが加わるようなWin-Win関係の構築を目指しています。

当サービスに関するお問い合わせは、国際物流事業本部 営業部へお願い致します。